​086-486-3933

サンキュー サンサン

13:00まで

(12:50)

   診療時間    月    火  水  木  金  土

     (受付時間)                                  

 9:00-12:30

    (8:50-12:15)

                                             

                                                             

14:30-18:00                                             

     (14:20-17:45)                                                                                  

心療内科・精神科、漢方診療

〒710-0253

倉敷市新倉敷駅前1丁目3-1 新倉敷MNビル3階 

TEL:086-486-3933 FAX:086-486-3966

Copyright 2017 さくらストレスケアクリニック All rights reserved.

講座・セミナー

 ストレスのケア・マネジメントに関する 講座・セミナー開催のご相談をお受けいたします。

 ストレスケアとは自己尊重からはじまること。

 ★「我慢は良いこと」「出来るのは良い・できないのは悪い」「頼ってはいけない」等、これまであたかも『正しい』考えの様に思われている、ストレスを生みやすい考えの弊害についての解説。

 ★頑張れば頑張るほど、孤立感を生み出す悪循環の理由。

 ★『ネガティブな感情』と思われがちなものの働きや重要性。感情の役割、付き合い方。

 ★「自分を安心させる」ことが社会貢献であること。

 ★体と頭の関係性・付き合い方

 ★自分との信頼関係の育て方

 

 等の話題提供をはじめ、ストレスケアに有益なセルフケアの具体的な方法 <実際に診療でも使用し、有効で手軽なツボタッピング(TFT:思考場療法)や、マインドフルネス等>の紹介・体験会を交え、ご希望に合わせてプログラムを検討致します。

TFT(思考場療法)

 鍼のツボをタッピングすることで、あらゆる心理的問題や身体疲労・疼痛改善も期待できる新しい心理療法です。米国政府機関でエビデンスのある治療法として認められています。手順は簡単ですが、効果は高く、即効性があり(早くて数分)、副作用がなく、セルフケアに使えます。

 実際に、診察場面でも大変重宝しており、ストレス・トラウマケア、パフォーマンス向上等も期待できます。

瞑想

 もともと、精神性の向上のために世界で行われてきたことですが、心身の安定、疲労軽減、集中力改善、パフォーマンスの向上、更には、直観力やタイミング・運がよくなるなど、人生をより豊かに楽しむために、基本的に誰にでもお勧めしたいものです。 

 「マインドフルネス(瞑想)」として精神科領域でも取り入れられ、不安・抑うつに対する効果も認められています。 

 ご紹介する瞑想法は、米国チョプラセンター認定瞑想ティーチャー 渡辺愛子より伝授された、呼吸やマントラを使ったものとなります。

下記問い合わせフォームでの診療相談はご遠慮ください。

返信は、講座・セミナー等に関するものに限らせて頂くこと、ご了承ください。

尚現在は、事業所や機関・団体、専門家グループへの対応とさせて頂きます。

(こちらのフォームでの個人への対応は行っておりません。)